歯科医院がファクタリングを活用するメリットは?

歯科医院でファクタリングを利用する際は、レセプト請求による診療報酬の買取という形を取ることになります。ここでは、歯科医院でファクタリングを活用することのメリットについてお話していきます。

最大のメリットといえるのは、「キャッシュフローの向上」でしょう。レセプト請求だと入金まで2ヶ月かかりますが、ファクタリングであればすぐに入金されます。歯科ユニット購入や従業員の給料、急なトラブルの対応などに現金が必要な時でも、その支払いにすぐ充てることができます。現金がすぐに手元に入ることは、メリット以外の何物でもありませんよね。

次に、「契約が簡単である」ことです。銀行から借入や融資を行うことになると、審査にはかなりの時間がかかってしまいます。また、必要な書類も多くあり、何度も面談が行われ、ほとんどの場合手間がかかるのです。しかし、ファクタリングを利用する場合は、比較的簡単に資金を調達することができます。さらに歯科医院の場合、買い取る債権が回収を確実に行えるレセプト請求なので、ファクタリング会社にとってもノーリスクですから、通常の場合よりもさらに簡単に利用することができるのです。

そして、「負債扱いにならない」ことです。金融機関による融資は負債扱いとなります。一方でファクタリングの場合は負債とはなりませんので、貸借対照表などに記載する必要はないのです。これは今後借入や融資を行う場合にプラスに働きます。というのも、借り入れや融資の際の審査で、他行などから借入がないか否かをチェックされた場合、負債扱いではないファクタリングは、全く影響がありません。つまり信用度は変わらないどころか貸借対照表がコンパクトになるため、信用度がアップするのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です